スポンサーリンク

【つみたてnisa】「先進国株式」と「米国株式 S&P500」のパフォーマンスを比較してみた

つみたてnisa資産運用
この記事は約11分で読めます。

僕が毎月投資しているつみたてnisa【eMAXIS Slim 先進国株式】と、人気銘柄である【eMAXIS Slim 米国株式 S&P500】のパフォーマンスを比較してみました

比較の対象期間は僕がつみたてnisaを始めた2020年6月1日~2021年8月31日までの1年3ヵ月間になります

「成績に大きな差はあるのか?」

もし差があるとしたら「どちらに投資していた方が好成績だったのか」

コロナ禍により激動の相場となった期間ではありますが、結果はどうなったのか見ていきましょう(^_^)/

計算方法

単純に各月初の基準額と、各月末の基準額の値幅を基に計算しています

そのため毎月の積み立て額複利などは計算に入っていません

つみたてnisaは一時的に下落したとしても購入口数が多くなる事により、次の上昇時にリターンが増えるなど今回のような単純な計算では真の比較にはならない事もご注意ください

スポンサーリンク

各銘柄のパフォーマンス

■eMAXIS Slim 先進国株式

2020年6月1日の基準額…12,002

年月月末の基準額値幅上昇率
2020年6月12,199+1971.64%
2020年7月12,604+4053.31%
2020年8月13,569+9657.65%
2020年9月13,035-534-3.93%
2020年10月12,671-364-2.79%
2020年11月14,130+1,45911.51%
2020年12月14,536+4062.87%
2021年1月14,834+2982.05%
2021年2月15,337+5033.39%
2021年3月16,363+1,0266.68%
2021年4月17,129+7664.68%
2021年5月17,380+2511.46%
2021年6月17,812+4322.48%
2021年7月18,065+2531.42%
2021年8月18,510+4452.46%

■2020年6月1日~2021年8月末の値幅と上昇率
+6,508円(54.22%)

↓eMAXIS Slim 先進国株式の実際の損益公開中です↓

■eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2020年6月1日の基準額…11,205

年月月末の基準額値幅上昇率
2020年6月11,252+470.41%
2020年7月11,626+3743.32%
2020年8月12,669+1,0438.97%
2020年9月12,113-556-4.38%
2020年10月11,892-221-1.82%
2020年11月13,000+1,1089.31%
2020年12月13,288+2882.21%
2021年1月13,641+3532.65%
2021年2月14,043+4022.94%
2021年3月15,142+1,0997.82%
2021年4月15,861+7194.74%
2021年5月15,975+1140.71%
2021年6月16,444+4692.93%
2021年7月16,777+3332.02%
2021年8月17,277+5002.98%

■2020年6月1日~2021年8月末の値幅と上昇率
+6,072円(54.19%)

■両銘柄の比較表

成績が良い方が青色

年月先進国の上昇率S&P500の上昇率
2020年6月1.64%0.41%1.23
2020年7月3.31%3.32%0.01
2020年8月7.65%8.97%1.32
2020年9月-3.93%-4.38%0.45
2020年10月-2.79%-1.82%0.97
2020年11月11.51%9.31%2.2
2020年12月2.87%2.21%0.66
2021年1月2.05%2.65%0.6
2021年2月3.39%2.94%0.45
2021年3月6.68%7.82%1.14
2021年4月4.68%4.74%0.06
2021年5月1.46%0.71%0.75
2021年6月2.48%2.93%0.45
2021年7月1.42%2.02%0.6
2021年8月2.46%2.98%0.52
青色の回数6回9回

■2020年6月1日~2021年8月末の値幅と上昇率
・先進国… +6,508円(54.22%)
・S&P500… +6,072円(54.19%)

↓つみたてnisaの人気記事です↓

結果は・・・

僕がつみたてnisaを始めてからの1年3ヵ月間では「両銘柄の差はほとんどない」結果となりました

僕がやっている先進国株式の方が基準額の値幅が436円、上昇率では0.3%高かっただけです

しかし上昇率が高かった「回数」はS&P500の方が多かったので、「毎月の積み立て額と複利」を含めた計算をした場合はS&P500の方が好成績となるかもしれません

そのため今回の結果を参考にされる場合は、あくまでも材料の一要素として考えて頂ければと思います

実りの秋、投資も良い結果が残せると良いですね

それではよい投資生活を(^_^)/

コメント