スポンサーリンク

【つみたてnisa】「先進国株式」と「全世界株式(オルカン)」のパフォーマンスを比較してみた

色分けされた世界地図NISA
この記事は約12分で読めます。

パフォーマンス比較の第2弾です

僕が毎月投資しているつみたてnisaの【eMAXIS Slim 先進国株式】と、人気銘柄である【eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)】のパフォーマンスを比較してみました

比較の対象期間は僕がつみたてnisaを始めた2020年6月1日~2021年8月31日までの1年3ヵ月間になります

どちらに投資していた方がリターンが大きかったのか?

結果はどうなったのか見ていきましょう(^_^)/

↓第1弾・第3弾の記事はこちらになります↓

計算方法

単純に各月初の基準額と、各月末の基準額の値幅を基に計算しています

そのため毎月の積み立て額複利などは計算に入っていません

つみたてnisaは一時的に下落したとしても購入口数が多くなる事により、次の上昇時にリターンが増えるなど今回のような単純な計算では真の比較にはならない事もご注意ください

スポンサーリンク

各銘柄のパフォーマンス

■eMAXIS Slim 先進国株式

2020年6月1日の基準額…12,002

年月月末の基準額値幅上昇率
2020年6月12,199+1971.64%
2020年7月12,604+4053.31%
2020年8月13,569+9657.65%
2020年9月13,035-534-3.93%
2020年10月12,671-364-2.79%
2020年11月14,130+1,45911.51%
2020年12月14,536+4062.87%
2021年1月14,834+2982.05%
2021年2月15,337+5033.39%
2021年3月16,363+1,0266.68%
2021年4月17,129+7664.68%
2021年5月17,380+2511.46%
2021年6月17,812+4322.48%
2021年7月18,065+2531.42%
2021年8月18,510+4452.46%

■2020年6月1日~2021年8月末の値幅と上昇率
+6,508円(54.22%)

↓eMAXIS Slim 先進国株式の実際の損益公開中です↓

■eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

2020年6月1日の基準額…10,471

年月月末の基準額値幅上昇率
2020年6月10,691+2202.10%
2020年7月11,032+3413.18%
2020年8月11,836+8047.28%
2020年9月11,401-435-3.67%
2020年10月11,175-226-1.98%
2020年11月12,431+1,25611.23%
2020年12月12,788+3572.87%
2021年1月13,130+3422.67%
2021年2月13,583+4533.45%
2021年3月14,347+7645.62%
2021年4月14,899+5523.84%
2021年5月15,100+2011.34%
2021年6月15,458+3582.37%
2021年7月15,483+250.16%
2021年8月15,819+3362.17%

■2020年6月1日~2021年8月末の値幅と上昇率
+5,348円(51.07%)

両銘柄の比較表

成績が良い方が青色

年月先進国の上昇率全世界の上昇率
2020年6月1.64% 2.10%0.46
2020年7月3.31% 3.18%0.13
2020年8月7.65% 7.28%0.37
2020年9月-3.93% -3.67%0.26
2020年10月-2.79% -1.98%0.81
2020年11月11.51% 11.23%0.28
2020年12月2.87% 2.87%0
2021年1月2.05% 2.67%0.62
2021年2月3.39%3.45%0.06
2021年3月6.68% 5.62%1.06
2021年4月4.68% 3.84%0.84
2021年5月1.46% 1.34%0.12
2021年6月2.48% 2.37%0.11
2021年7月1.42% 0.16%1.26
2021年8月2.46% 2.17%0.29
青色の回数9回5回

■2020年6月1日~2021年8月末の値幅と上昇率
・先進国… +6,508円(54.22%)
・全世界… +5,348円(51.07%)

つみたてnisaの人気記事です↓

結果発表

先進国株式の方が基準額の値幅が1,160円、上昇率は3.15%高かったです

上昇率が高かった「回数」も【9回/15カ月中】は先進国株式となっています

そのため僕がつみたてnisaを始めてからの1年3ヵ月間では「先進国株式の方がリターンが大きい」結果となりました

しかしながら先進国株式は投資国の7割近くが米国となっています

米国の影響を大きく受ける銘柄だと思われるので注意が必要です

反面、全世界株式は米国の比率が5割強と低くなっているので先進国株式よりも影響は少ないかもしれません

それぞれ一長一短があるので当記事の結果はあくまでも参考程度に考えてください

それではよい投資生活を(^_^)/

コメント